3大キャリアと2大モバイルブロードバンド通信

よくモバイル通信の比較をする際にdocomo、au、Softbankの3大キャリアとUQ WiMAX、イー・モバイルの2大モバイルブロードバンド通信をひとまとめにして比較することがあります。
しかし本来、キャリアとモバイルブロードバンド通信は、通信技術は似ていても利用の目的や利用方法に違いがあります。
3大キャリアは、電話+インターネットという使い方が目的ですが、WiMAXなどのモバイルブロードバンド通信は高速ワイヤレスインターネット自体が利用目的となっています。
3大キャリアでは通信技術を開発したり利用周波数帯域を取得する際には、インターネットだけでなく電話としての機能の分も含めて考えなければなりません。
しかし、WiMAXなどのモバイルブロードバンド通信の場合は、インターネットのみに特化して開発、認可取得をすればよいので周波数帯域に余裕ができるなどの利点が生まれます。
これは「帯域幅」というもので、通信会社は国からそれぞれ割り当てられた周波数帯域があるのですが、その周波数帯域の中で3.9Gに使ったりLTEに使ったりと自身でやりくりをしなければならないのです。
ですから3大キャリアなどは、いろいろな通信サービスを行っているので結やりくりに苦労して、その結果「帯域幅」が狭くなってしまうということもあります。
しかし、インターネット通信を専用で取得しているWiMAXなどはあまりやりくりにを心配することもないので「帯域幅」が広く取れることとなります。
そのため「帯域幅」が広いので一度に大量のデータが遅れるので「通信速度が速くなる」という結果になります。
ですから、どういう方にWiMAXがオススメかというと、パソコンを自宅だけでなく外にも持ち出してよく使うという方ではないでしょうか。
ただどこでも動画やアプリを楽しみたいのであればスマートフォンで十分でしょう。
でも、パソコンでインターネットを家でも外でも使いたいという方にはWiMAXをオススメいたします。

カテゴリー: wimax タグ: , パーマリンク

3大キャリアと2大モバイルブロードバンド通信 への4件のフィードバック

  1. COACH japan のコメント:

    Please let me know if you

  2. green smoke coupon code のコメント:

    The second point is a call-to-action. do it! We won’t buy from them until/unless they drop Limbaugh. However, it looks fun and I want to participate in it. You should have a consistent plan to deal with your child’s difficult behaviors.

  3. ピンバック: カシオ 腕時計

コメントを残す