今後のワイヤレス通信の展望

この頃、データ通信技術の進歩と発展はめまぐるしくあらゆる場所で気軽にインターネットを楽しめるようになりました。
一時期の携帯電話などは、パケット代も高く、しかもダウンロードがイライラするくらい遅くあまり使えたものではありませんでした。
しかし、その後スマートフォンが登場し、規格も3Gから3.5G、そしてLTEと通信速度は驚くほど速くなりました。また同時に一度に送られるデータ量も増え、動画などもストレスなく見られるようになりました。
その驚きの速さの裏には、通信規格の進化だけではなく利用者を満足させるためのエリアカバーに向けた基地局の増設のスピードにもあると思います。
いくら新しい規格に変わっても対応機種が増えてもそれらをつなげるための基地局がないことには始まりません。
どのキャリアにおいても都市部はもちろんのこと、地方でもつながりやすくするため基地局の増設にはかなり力を入れているようです。
さて、そんなワイヤレスデータ通信の世界ですが、かなり多くの端末モバイル機器を持ち歩くようになったのではないでしょうか。
携帯、スマホ、iPad、モバイルPC、ポータブルゲーム機・・・などなど。
それぞれにWiFi設定をしてルーターが1台さえあれば、どこでもモバイル機器を使えてしまう、そんな便利な世の中になりました。
そんな中でも端末ルーターとして人気を集めているのはUQ WiMAXではないでしょうか。
先日、2012年12月4日、屋外基地局設置数は2万1,340局で、開設計画では2012年度末に屋外基地局数1万8,600局になるはずだったものを大幅に前倒し達成したと発表した。
また、人口カバー率も94%となっている。
この数字の意味するところは、UQ WiMAXのエリアカバー取り組みへ向けた力の入れ方を表しているのではないでしょうか。
開業当初はイー・モバイルと比較されWiMAXはつながらないなどと言われてきましたが、基地局の増設に力をいれあっという間に今までのイメージを払拭させました。
今最もつながりやすいのはWiMAXではないでしょうか。
2013年以降のWiMAX2+の展開を控え、UQ WiMAXは今後もますます期待されるキャリアになることでしょう。

カテゴリー: wimax タグ: , パーマリンク

今後のワイヤレス通信の展望 への1件のフィードバック

  1. ??????? のコメント:

    ?????????????AKB???????????????

コメントを残す